Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超

Interop Tokyoが、6月15日から17日まで3日間の日程で幕張メッセにて開催されている。そのなかの目玉プロジェクトが「ShowNet」だ。

「ShowNet」は、数年後に実用化されるであろう最新のネットワーク技術なども取り込み、会場内のネットワークを構築。今回で29回目を迎えた「Interop Tokyo」の理念でもある「相互接続性(Interoperability)」を実証する場となっている。

2022年のテーマは「前提を超えろ」。新型コロナウイルス感染症の影響で生活様式や経済活動などが大きく変わり、それらを支えるネットワークのニーズも変化した。こうした前提を乗り越えて、ネットワークのあたらしい使い方を提案するという意味が込められている。

今回「ShowNet」を構築するにあたり、「セキュリティ」でもあらたな挑戦があった。従来は閉じたネットワーク内で構築作業が進められたが、今回は会場での作業にくわえて、ゼロトラストによる柔軟かつ厳格な認証と認可のもと、リモート作業なども導入された。

さらに「ローカル5Gシステム」や、放送と通信の融合「Media over IP」なども注目キーワードとなっている。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
2023年は1割の企業でランサムウェア攻撃を観測
JNSA、2023年10大ニュースを発表 - 事件事故の背景に共通項も
バグハンターとの信頼を醸成 - サイボウズが4年ぶりに合宿イベント
OSSコミュニティ、脆弱性修正に3カ月弱 - 4年で半数が終了
年末年始に備え、セキュリティ対策を - 月例パッチは年明け1月9日
IPA、2024年度の「登録セキスぺ試験」実施日程を発表
狭き門を突破した講演並ぶ「CODE BLUE」が開催中
まもなく「CODE BLUE 2023」が開催 - 創立者が語る注目ポイント
ランサムウェア感染組織の平均被害金額は2386万円 - JNSA調査