Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応

Intel製の一部プロセッサに複数の脆弱性が明らかとなり、同社はファームウェアのアップデートをリリースした。マイクロソフトやVMwareなども、脆弱性の影響を緩和するアップデートを提供している。

プロセッサの「MMIO(Memory Mapped I/O)」において、バッファやレジスタのクリーンナップが不完全である脆弱性「CVE-2022-21123」「CVE-2022-21125」「CVE-2022-21127」「CVE-2022-21166」が明らかとなったもの。

ハイパーバイザや仮想マシンにアクセス権限がある場合に、サイドチャネル攻撃によって情報を窃取されるおそれがあるとしている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回明らかとなった脆弱性においてもっとも高い「CVE-2022-21123」が「6.1」と評価されている。他脆弱性はいずれも「5.6」から「5.5」でいずれも重要度は「中(Medium)」とされている。

脆弱性の判明を受け、Intelではファームウェアのアップデートをリリース。第2四半期にSGX TCBのリカバリを実施するとしており、ソフトウェアの更新が必要になるという。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福島原発事故の追加賠償に関する請求書を誤送付 - 東電
講座受講者宛のメールで「CC」送信 - 八代市
個人情報含む手帳を紛失、3月にも - 室蘭総合病院
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
LINE公式アカウントで非公開のクーポンが表示される不具合
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
チャリティランナー宛のメールで誤送信 - 国際協力NGO
読者の提供情報を記者が家族に漏洩 - 神奈川新聞
「エムアイカード」装うフィッシングの報告が増加