Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応

Intel製の一部プロセッサに複数の脆弱性が明らかとなり、同社はファームウェアのアップデートをリリースした。マイクロソフトやVMwareなども、脆弱性の影響を緩和するアップデートを提供している。

プロセッサの「MMIO(Memory Mapped I/O)」において、バッファやレジスタのクリーンナップが不完全である脆弱性「CVE-2022-21123」「CVE-2022-21125」「CVE-2022-21127」「CVE-2022-21166」が明らかとなったもの。

ハイパーバイザや仮想マシンにアクセス権限がある場合に、サイドチャネル攻撃によって情報を窃取されるおそれがあるとしている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回明らかとなった脆弱性においてもっとも高い「CVE-2022-21123」が「6.1」と評価されている。他脆弱性はいずれも「5.6」から「5.5」でいずれも重要度は「中(Medium)」とされている。

脆弱性の判明を受け、Intelではファームウェアのアップデートをリリース。第2四半期にSGX TCBのリカバリを実施するとしており、ソフトウェアの更新が必要になるという。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収