Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応

Intel製の一部プロセッサに複数の脆弱性が明らかとなり、同社はファームウェアのアップデートをリリースした。マイクロソフトやVMwareなども、脆弱性の影響を緩和するアップデートを提供している。

プロセッサの「MMIO(Memory Mapped I/O)」において、バッファやレジスタのクリーンナップが不完全である脆弱性「CVE-2022-21123」「CVE-2022-21125」「CVE-2022-21127」「CVE-2022-21166」が明らかとなったもの。

ハイパーバイザや仮想マシンにアクセス権限がある場合に、サイドチャネル攻撃によって情報を窃取されるおそれがあるとしている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回明らかとなった脆弱性においてもっとも高い「CVE-2022-21123」が「6.1」と評価されている。他脆弱性はいずれも「5.6」から「5.5」でいずれも重要度は「中(Medium)」とされている。

脆弱性の判明を受け、Intelではファームウェアのアップデートをリリース。第2四半期にSGX TCBのリカバリを実施するとしており、ソフトウェアの更新が必要になるという。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ