Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応

Intelアテステーションサービス(IAS)を使用している場合は、IAS開発環境(DEV)において2022年6月21日からマイクロコードとソフトウェアの更新を実施。IAS本番環境(LIV)は2022年7月19日から更新を実施するという。

Intel SGXプロビジョニング証明書サービス(PCS)を使用して独自の認証インフラストラクチャを構築している場合は、PCK証明書と検証資料が6月28日に利用可能になるとしている。

さらにマイクロソフトでは脆弱性の軽減には、Intelのマイクロコードを適用することにくわえて、対応するWindows更新プログラムを適用する必要があると説明。6月の月例セキュリティ更新でアップデートをリリースした。VMwareに関しても3件の脆弱性に対処したアップデートを提供している。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性