Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「RealPlayer」に複数の深刻な脆弱性

RealNetworksが開発するマルチメディアプレイヤー「RealPlayer」において、複数の深刻な脆弱性が判明した。修正方法などはわかっていない。

「同20.0.8.310」や「同20.0.7.309」において、任意のファイルタイプをダウンロードさせ、任意の場所に配置できるディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-32270」が指摘されている。

脆弱性を悪用されると。端末の起動時に実行ファイルを実行させたり、DLLインジェクションなどに悪用されるおそれがある。

また「同20.0.8.310」では、ローカルのHTTPエラーページに安全ではない「JavaScript」を挿入できる脆弱性「CVE-2022-32269」も明らかとなった。

さらにファイルを参照するために使用する内部URLプロトコルに脆弱性「CVE-2022-32271」が存在。任意のドメインにスクリプトを注入できるという。

(Security NEXT - 2022/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店