Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(NTT COMS)が、以前提供していたアクセスログ解析サービスの関連ドメインを、無関係の第三者が取得したことがわかった。タグが残存すると意図しないコードの実行につながるおそれがあり、同社はタグの除去を呼びかけている。

同社によると、以前提供していたアクセスログ解析サービス「Visionalist」において、サイトのアクセスログ収集に用いていたドメイン「tracer.jp」が第三者によって取得されたもの。

「Visionalist」は、サイトにJavaScriptのタグを埋め込むことでアクセスログを収集、解析できるサービス。2003年から2012年にかけてデジタルフォレストが提供し、その後買収などを経て同社が引き続き運営してきたが2020年7月にサービスを終了している。

あらたな所有者は、5月5日に米国のレジストラを通じて同ドメインを取得。以前にサービスを利用し、同ドメインを呼び出すJavaScriptタグを設置したまま除去していない場合、閲覧したブラウザ上で意図しないスクリプトを実行される可能性がある。

NTTコムオンラインではサービスの終了にともない、タグの削除を利用者へ案内していたが、関連ドメインを第三者が取得したことを受け、過去に「Visionalist」を利用したことがある利用者に対し、関連するタグを除去するようあらためて注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に