Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も

岩手県釜石市は、職員2人が全住民に関する個人情報を不正に自宅へ持ち出していたとして、懲戒免職処分とするとともに告訴した。ほかにも複数職員が関与した疑いが判明しており、調査を進めている。

同市によれば、2015年以降、職員2人が同市住民に関する個人情報をメールを用いて自宅などへ持ち帰っていたことが判明したもの。

2021年9月13日、27日の2回にわたり、市役所入り口に設置された投書箱へ匿名で「業務時間に大量のメールを同僚へ送信しているなど、職務違反の疑いがある」との告発があり、調査を行ったところ発覚した。

職員のひとりは総務企画部で係長、もうひとりは建設部で主査を務めており、自宅の私用パソコンに住民の個人情報を保存していた。確認されているだけで、それぞれ8回、13回のあわせて21回にわたりメールでデータを送信していたという。また建設部職員は、USBメモリでもデータを持ち出していた。

氏名、住所、性別、生年月日など、いわゆる基本4情報を表計算ファイルとして保有。くわえて続柄、世帯番号、収入額など税務関連のデータや、被災住所など含む応急仮設住宅居住者情報なども所持していた。「特定個人情報(マイナンバー)」も600件含まれており、精査を進めている。

(Security NEXT - 2022/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市