Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も

岩手県釜石市は、職員2人が全住民に関する個人情報を不正に自宅へ持ち出していたとして、懲戒免職処分とするとともに告訴した。ほかにも複数職員が関与した疑いが判明しており、調査を進めている。

同市によれば、2015年以降、職員2人が同市住民に関する個人情報をメールを用いて自宅などへ持ち帰っていたことが判明したもの。

2021年9月13日、27日の2回にわたり、市役所入り口に設置された投書箱へ匿名で「業務時間に大量のメールを同僚へ送信しているなど、職務違反の疑いがある」との告発があり、調査を行ったところ発覚した。

職員のひとりは総務企画部で係長、もうひとりは建設部で主査を務めており、自宅の私用パソコンに住民の個人情報を保存していた。確認されているだけで、それぞれ8回、13回のあわせて21回にわたりメールでデータを送信していたという。また建設部職員は、USBメモリでもデータを持ち出していた。

氏名、住所、性別、生年月日など、いわゆる基本4情報を表計算ファイルとして保有。くわえて続柄、世帯番号、収入額など税務関連のデータや、被災住所など含む応急仮設住宅居住者情報なども所持していた。「特定個人情報(マイナンバー)」も600件含まれており、精査を進めている。

(Security NEXT - 2022/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
立入検査で持ち出した医療機関関連書類を紛失 - 静岡県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
技師が院内で患者情報含むメモを紛失 - 国東市民病院
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市