Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、最新ブラウザ「Chrome 102」をリリース - 深刻な脆弱性を修正

Googleは、最新ブラウザ「Chrome 102」をリリースした。深刻な脆弱性を解消している。

Windows向けに「同102.0.5005.63」「同102.0.5005.62」「同102.0.5005.61」、macOS、Linux向けに「同102.0.5005.61」をリリースしたもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する32件の問題を解消。CVEベースで脆弱性24件に対処したことを明らかにしている。

4段階の重要度においてもっともレーティングが高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性も1件含まれる。クライアント側でデータを保持する「Indexed DB」において解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-1853」に対処したもの。5月12日に匿名で報告が寄せられたという。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は8件。「Use After Free」の脆弱性のほか、ポリシー適用の不備、域外メモリの読み込みなどを修正した。さらに「中(Medium)」とされる9件、「低(Low)」とされる6件に対応している。

同社では数日から数週間をかけてアップデートを展開する予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-1853
CVE-2022-1854
CVE-2022-1855
CVE-2022-1856
CVE-2022-1857
CVE-2022-1858
CVE-2022-1859
CVE-2022-1860
CVE-2022-1861
CVE-2022-1862
CVE-2022-1863
CVE-2022-1864
CVE-2022-1865
CVE-2022-1866
CVE-2022-1867
CVE-2022-1868
CVE-2022-1869
CVE-2022-1870
CVE-2022-1871
CVE-2022-1872
CVE-2022-1873
CVE-2022-1874
CVE-2022-1875
CVE-2022-1876

(Security NEXT - 2022/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開