Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を

CISAは、これまでも「BIG-IP」の脆弱性「CVE-2020-5902」が判明し、悪用された経緯があることを挙げ、攻撃者にとって修正プログラムが未適用のデバイスが魅力的なターゲットとなり、さらに悪用が広がるおそれがあると指摘。

アップデートの実施はもちろんのこと、すでに攻撃が発生しており、更新済みの場合も更新までに時間を要した場合は、システムをネットワークより隔離した上で、F5のアドバイザリを参考に侵入の痕跡を調査するよう呼びかけた。調査に用いることができる「Snort」のシグネチャも用意している。

また侵害が確認された場合はF5のガイダンスを参照し、ホストの隔離などをはじめ、システムに対して迅速に措置を講じるよう求めた。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性
「WordPress」に脆弱性 - 1月のアップデートで修正済み
「Node.js」が脆弱性2件を修正 - さらなるアップデートも予定
WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得
「MS Edge」にセキュリティ更新 - 独自の修正も実施
「Atermシリーズ」59製品に複数の脆弱性 - アップデートや移行などを
「Apache HTTPD」に複数の脆弱性 - アップデートを推奨
CData製の複数データ連携ツールに脆弱性 - アップデートを
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを