Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ

F5 Networksが提供するネットワーク製品「BIG-IP」シリーズにシステムの制御を奪われるおそれがある深刻な脆弱性が明らかとなった。

同製品の管理画面である「トラフィックマネジメントユーザーインタフェース(TMUI)」に、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-5902」が判明したもの。

同脆弱性により、認証の有無に関係なく、同インタフェースへアクセスできる場合に任意のシステムコマンドやJavaのコードを実行することが可能。サービスの無効化、ファイルの作成および削除なども可能で、システムの制御を奪われるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは、最大値にあたる「10.0」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。アプライアンスモードも脆弱性の影響を受けるが、コントロールプレーンのみ影響があり、データプレーンは対象外だという。

同社は、脆弱性を修正した「同15.1.0.4」「同14.1.2.6」「同13.1.3.4」「同12.1.5.2」「同11.6.5.2」をリリース。クラウド向けに展開している仮想アプライアンス版も含めて、利用者にアップデートするよう呼びかけるとともに、緩和策についてもアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正