Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に

FRONTEOは、同社米国子会社が、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によると、5月11日に子会社であるFRONTEO USAのデータセンター上にあるデータに対し、ランサムウェアと見られるアクセスが行われたという。

被害の拡大を防ぐため、FRONTEO USAのネットワークを遮断。FRONTEOでは、自社のセキュリティ関連部門や外部事業者により詳細を調べている。

また同社では保有するデータへの影響を調査するとともに、復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2022/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠