Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性

富士通のセキュリティアプライアンス製品「FUJITSU Network IPCOM」に深刻な脆弱性が判明した。同社やセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「FUJITSU Network IPCOM」は、ファイアウォールやマルウェア対策、サンドボックス、フィルタリング、WAF、VPNのほか、ネットワーク機能などを提供するアプライアンス製品。物理アプライアンスにくわえて、仮想アプライアンスとしても提供されている。

今回あらたに、同製品の管理インタフェースに複数の脆弱性が明らかとなった。ウェブ管理画面では、リモートよりコマンドを実行されるおそれがあるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-29516」が存在する。

さらにコマンドラインインタフェースでは、すでに脆弱性が明らかとなっている「netkit-telnet」を使用しており、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-10188」の影響を受けるという。

いずれの脆弱性も共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが「9.8」と評価されている。ただし、脆弱性の悪用にあたっては、管理インタフェースへアクセスできることが条件となる。

(Security NEXT - 2022/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正