Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性

今回明らかとなった脆弱性は、「IPCOM EX2シリーズ」「IPCOM EXシリーズ」「IPCOM VE2シリーズ」「IPCOM VA2/VE1シリーズ」が影響を受けるが、一部製品については調査中となっており、注意が必要。

同社では「IPCOM EX2シリーズ」向けに脆弱性を修正したファームウェア「V01L05 NF0501」、「IPCOM EXシリーズ」向けに「E20L33 NF1101」をリリースした。

あわせて管理インタフェースに対するアクセスを制限するといった緩和策をアナウンスし、利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正