Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開

「OpenSSL」向けにセキュリティアップデートがリリースされた。4件の脆弱性を解消している。

一部スクリプトにおいて任意のコマンドを実行されるおそれがある「CVE-2022-1292」や、特定の環境下における署名検証時に検証を失敗しても成功したと誤って応答する脆弱性「CVE-2022-1343」など、あわせて4件の脆弱性が明らかとなったもの。

「CVE-2022-1292」「CVE-2022-1343」については、重要度が4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングされており、のこる「CVE-2022-1434」「CVE-2022-1473」については「低(Low)」とした。

「OpenSSL 3.0」については、いずれも影響があり、「同1.1.1」「同1.0.2」の両系統については「CVE-2022-1292」のみ影響を受ける。サポートが終了した「同1.1.0」については未検証のため、影響は不明。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同3.0.3」「同1.1.1o」を公開。すでに一般向けのサポートが終了している「同1.0.2」については、プレミアムサポートの契約者に対して「同1.0.2ze」が提供されている。

(Security NEXT - 2022/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中