Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxに権限昇格につながる脆弱性群「Nimbuspwn」

Microsoftは、Linuxにおける複数の脆弱性を発見したことを明らかにした。組み合わせることでroot権限を取得することが可能であり、別名「Nimbuspwn」と名付けている。

Linuxにおいて「systemd-networkd」における関連イベントを受信し、root権限でスクリプトを実行して接続状態を変更するデーモン「networkd-dispatcher」に複数の脆弱性を発見したもの。

「TOCTOU(Time-of-check Time-of-use)」の脆弱性「CVE-2022-29800」が存在。競合状態を3回の試行で勝利することができ、ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-29799」を組み合わせることで、root権限により悪意あるファイルの実行が可能だった。マルウェアをはじめとする攻撃に悪用されるおそれがある。

報告を受けた「networkd-dispatcher」をメンテナンスする開発者では、すでに修正プログラムを展開しており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘