Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信

大塚商会は、同社が運営する教育機関向け通信販売サイト「EDUSeed」の自動送信プログラムに障害が発生し、個人情報を含むショートメッセージ(SMS)の誤送信が発生したことを明らかにした。

同社によれば、4月6日11時に同サイトの顧客へ入金確認の依頼メッセージを送信する際、顧客68人分のメッセージが特定の顧客1人に送られたという。誤送信されたメッセージには、保護者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、同サイトのログインIDが記載されていた。

同日15時半に、SMSを受信した顧客から連絡があり誤送信が判明した。テスト不足により、自動送信プログラムにおいて特定の条件が重なった場合に発生する不具合が存在していたという。

同社では、SMSの送信先となった顧客に事情を説明するとともに謝罪。他顧客に関するメッセージの削除を依頼した。個人情報が流出した68人の顧客や、該当する自治体や教育機関に対して、個別に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市