Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日邦産業の海外グループ会社にサイバー攻撃 - 生産に影響なし

産業資材やプラスチック成形品などの製造、販売を手がける日邦産業は、海外グループ会社がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によると、マレーシアの現地工場であるNippo Mechatronics(M)が4月7日早朝に攻撃を受けたもの。同社ネットワークへ接続できない状況が発生し、同日被害へ気がついたという。

同社では社内システムを停止したが、被害が確認されたのは製造工程とは別のシステムであり、工場での生産活動に影響はないと説明。同社では、原因調査や復旧作業を進めている。

また今回攻撃を受けたNippo Mechatronics(M)以外のグループ会社に関しては、サイバー攻撃の影響はないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
政府、サイバー攻撃に再度注意を喚起 - SC全体のリスクコントロールを
「Emotet」感染で従業員装うメール - 東北海道いすゞ自動車
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出