Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Tanzu」向けにアップデート - 「Spring4Shell」の影響で

Javaフレームワーク「Spring Framework」に脆弱性「Spring4Shell」が明らかになったことを受け、VMwareは同社製品向けにアップデートをリリースした。

同社複数製品が、別名「Spring4Shell」と呼ばれる脆弱性「CVE-2022-22965」と呼ばれる脆弱性の影響を受けることを明らかにしたもの。

具体的には「VMware Tanzu Application Service for VMs」「VMware Tanzu Operations Manager」「VMware Tanzu Kubernetes Grid Integrated Edition(TKGI)」に影響があり、脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

同社はアップデートとなる「VMware Tanzu Application Service for VMs 2.13.1」「同2.12.10」「同2.11.17」「同2.10.29」「Tanzu Operations Manager 2.10.35」「同2.9.35」「同2.8.20」をリリースした。

「VMware Tanzu Kubernetes Grid Integrated Edition(TKGI)」についてもパッチのリリースを計画しており、一時的な緩和策がアナウンスされている。

(Security NEXT - 2022/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性