Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに

Javaフレームワーク「Spring Framework」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」が明らかとなった問題で、VMwareでは脆弱性の詳細を明らかにするとともに、アップデートをリリースした。

セキュリティ研究者より実証コードが一時公開されたことで明らかになり、「Log4Shell」を想起させる「Spring4Shell」と呼ばれている脆弱性に対し、同社では「CVE-2022-22965」を採番。アドバイザリを公表して詳細を明らかにした。

同脆弱性は、「JDK 9」以降にて「Spring MVC」あるいは「Spring WebFlux」でアプリケーションを実行している環境に影響があり、データバインディングを介してリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「9.8」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティング。

「同5.3.17」「同5.2.19」および以前のバージョンが影響を受けるとしており、すでにサポートが終了した旧版も含まれる。

(Security NEXT - 2022/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性