Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社

事務用品の販売を手がけるクラブンは、サイバー攻撃によりシステム障害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、2月14日にシステム障害が発生。ランサムウェアを用いたサイバー攻撃により、サーバやパソコンのデータが暗号化される被害が生じたという。

同社ではサーバの再構築およびパソコンの初期化、保存データの修復作業などを進めるとともに、調査を行ったところ、従業員や取引先に関する情報のほか、開発や営業情報などが流出した可能性があることが判明した。

インターネット上にデータが公開された形跡などは確認されていないという。同社では対応にあたり警察や関係機関に相談。事業継続の支障については出ていないとしている。

(Security NEXT - 2022/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
ランサムウェアによるサイバー攻撃で被害 - ボランティア団体
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター