Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に複数の脆弱性 - サービス拒否やキャッシュ汚染のおそれ

Internet Systems Consortium(ISC)が提供するDNSサーバ「BIND 9」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。日本レジストリサービス(JPRS)など関連機関なども注意喚起を行っている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、アサーション違反によりプロセスが終了する「CVE-2022-0635」「CVE-2022-0667」が判明。

さらにTCP接続スロットを消費してリソースが枯渇し、サービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2022-0396」、DNSフォワーダーとして利用している場合にキャッシュポイズニングが生じ、誤った名前解決を返答する脆弱性「CVE-2021-25220」などが明らかとなったもの。

ISCでは「CVE-2022-0635」「CVE-2022-0667」について、いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.0」とし、重要度を「高(High)」とレーティングした。

一方「CVE-2021-25220」「CVE-2022-0396」については、それぞれCVSS基本値を「6.2」「4.9」と評価し、重要度は「中(Medium)」とした。

ISCでは、脆弱性を修正した「BIND 9.18.1」「同9.16.27」「同9.11.37」をリリース。これを受けて、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERTコーディネーションセンターなどが注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2022/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に