Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害

自動車関連部品を製造するGMBは、サーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、2月27日未明にサーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを確認したもの。

同社ではネットワークを遮断。被害を受けたファイルの特定、原因の調査、復旧作業を進めているが、調査を終えて通常業務を取り戻すまでしばらく時間がかかるとしている。

サーバに保管されていた情報の外部流出や、外部公開などは確認されていないと説明。海外グループ拠点における同様の被害についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
新手の攻撃手法「OWASSRF」 - 「ProxyNotShell」軽減策をバイパス
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
日野市立図書館、一部機器でランサム感染 - 通常どおり開館