Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 99」を公開 - 28件のセキュリティ修正を実施

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けにブラウザの最新版「Chrome 99.0.4844.51」をリリースした。

今回のアップデートでは「CSSカスケードレイヤー」の実装といった機能強化のほか、セキュリティに関する28件の修正を実施した。CVEベースで21件の脆弱性に対処したことを明らかにしているが、重要度が4段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性が9件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性5件をはじめ、域外メモリへのアクセス、ヒープバッファオーバーフロー、型の取り違えなどを修正した。

あわせて重要度が1段階低い「中(Medium)」とされる脆弱性12件を解消。今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-0789
CVE-2022-0790
CVE-2022-0791
CVE-2022-0792
CVE-2022-0793
CVE-2022-0794
CVE-2022-0795
CVE-2022-0796
CVE-2022-0797
CVE-2022-0798
CVE-2022-0799
CVE-2022-0800
CVE-2022-0801
CVE-2022-0802
CVE-2022-0803
CVE-2022-0804
CVE-2022-0805
CVE-2022-0806
CVE-2022-0807
CVE-2022-0808
CVE-2022-0809

(Security NEXT - 2022/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処