Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ陽性児童の情報を誤送信、緊急対応時に - 千葉市

千葉市は、新型コロナウイルス感染症の陽性が判明した児童の個人情報をメールで送信した際、誤ったメールアドレスへ送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、2月5日、12日と2度にわたり、新型コロナウイルス感染症が判明したアフタースクール利用児童の3人に関する情報を誤ったメールアドレスへ送信したもの。

誤送信したのは、濃厚接触者について聴取した聞き取りシート。氏名、性別、在籍校、PCR検査情報、体調、同居家族の氏名と感染状況、保護者の連絡先などが含まれる。

アフタースクール利用児童で陽性が判明し、緊急で閉所について判断をする必要があったため、同月12日13時半前に2人分の聞き取りシートを出勤していない管理職の個人メールアドレスへ送信しようとしたが、メールアドレスを誤るミスがあった。

さらに5日に送信した聞き取りシート1人分についても、同じ誤ったメールアドレスへ送信していたことへ気がついたという。ファイルにパスワードなどは設定されていなかった。

メールの削除を依頼するため送信先にメールで連絡を取っているが、2月13日の時点で応答がないという。

同市では、対象児童の家庭に謝罪。今回の問題を受け、休日対応の体制を整備し、関係者が出勤できない場合はリモートワークで確認するなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2022/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県