Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県営住宅入居者や関係先に「なりすましメール」 - 愛知県

愛知県の県営住宅入居者や、同事業の関係先に愛知県住宅供給公社を装う「なりすましメール」が送信されていることがわかった。

同県によれば、県営住宅の管理代行受託者である愛知県住宅供給公社を名乗る「なりすましメール」が、第三者より入居者を含む関係先に対して送信されていることが判明したもの。

2月3日に同社業務委託先より不審なメールが送られているとの連絡があり、問題が判明した。同日以降、同月7日正午までに同県や同社に対して同様の連絡が188件寄せられている。

このうち2件は県営住宅入居者からの連絡で、入居者をはじめ、同社とメールでやり取りをした関係者のメールアドレスが外部に流出している可能性があり、原因について調査を進めている。

今回の問題を受け、同社ではウェブサイトで注意を喚起。メールのやり取りがあった関係者に対しては電話により注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
受託業務で使用する端末が「Emotet」感染 - NTT西
「Emotet」感染で職員装うメール - 日本気象協会
「Emotet」感染で従業員装うメール - 東北海道いすゞ自動車
「Emotet」に感染、「なりすましメール」が複数送信 - 紀伊國屋書店
弁護士や職員装うメールが送信される - 三宅法律事務所