Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県

新潟県は、1月に土木防災情報システムのメールサーバより意図しないメールが送信された問題で、調査結果を明らかにした。約31万件のスパムメールが外部へ不正に送信されたという。

同県土木防災情報システムのメールサーバが不正アクセスを受け、不正なメールの送信に悪用されたもの。1月25日に委託事業者からの連絡で問題が判明。原因や被害状況など調査を進めていた。

同県によれば、1月22日11時前から同月24日22時過ぎにかけて、同県メールアカウントより31万1871件のスパムメールが外部へ送信された。ただし、12万3434件については送信エラーになったという。

メールアカウントでは、脆弱なパスワードを使用しており、同サーバは庁外からもアクセスできる状態だったため、不正なメール送信の踏み台として悪用された。サーバ内のデータを改ざんされたり、個人情報の流出といった被害については否定している。

今回の問題を受けて同県では、庁外からメールサーバを利用できないよう設定を変更。不正利用されたメールアカウント「info@doboku-bousai.pref.niigata.jp」を廃止した。

同県では対策を完了したとしてサーバの運用を再開。送信元が「info@doboku-bousai.pref.niigata.jp」のメールについては、開封せずに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気