Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピック競技大会が2月2日より開催されているが、政府は選手や報道関係者向けの公式アプリに対し、セキュリティ上の懸念があるとして注意喚起を行った。また大会期間中のサイバー攻撃に警戒するよう呼びかけている。

健康状態あ移動記録などを記録するため、入国前にスマートフォンへインストールが義務付けられている公式アプリ「MY2020」に対し、スポーツ庁と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が注意喚起を実施したもの。

同アプリに関しては、海外のセキュリティ研究者がアプリにおけるセキュリティ上の問題を指摘。情報流出などのリスクがあるとされ、米時間1月31日には米連邦捜査局(FBI)が、個人所有の端末を持ち込まないよう通知を行っている。

欧米各国のオリンピック委員会も自国選手団に対して同様の警告を発しており、日本においても、スポーツ庁と内閣サイバーセキュリティセンターが日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会に対して注意を喚起した。

十分に信頼できないアプリのダウンロードや利用は、マルウェアの感染、行動監視、個人情報の窃取といったリスクがあるとし、個人端末ではなく、レンタル端末を利用して不審な動作などを確認した場合は、スポーツ庁やNISCに相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追