Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県

佐賀県は、東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを発表した際、誤ってプレスリリースへの記載について事前に承諾を得ていなかった生年月日を記載したとし、プレスリリースの公表を中止した。

同県によれば、東京2020オリンピック聖火リレー佐賀県実行委員会が選出した5月10日に走行予定の聖火ランナー24人について、4月23日に報道発表したが、プレスリリースへ生年月日を記載することについて事前に承諾を得ずに記載するミスがあったという。

ただし、年齢やメディアによる問い合わせがあった場合に生年月日の情報を提供することについては承諾済みだったとしている。

同月25日、同プレスリリースを佐賀県実行委員会のウェブサイトにも掲出するため、データを委託先に提供したところ、翌26日に委託先から公表内容に生年月日が含まれていると指摘があり、ミスに気がついた。

同県では、問題があったプレスリリースを非公開とし、対象となるランナーに対し電話やファックスで謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2021/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月