Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金

金沢信用金庫は、文書センターにおいて、顧客情報が記載された書類が所在不明となっていることを明らかにした。

同金庫によれば、文書センターにおいてATMジャーナルが保存された文書箱6箱をはじめ、あわせて11箱が所在不明となっていることが判明したもの。のべ55万1149件の顧客情報が記載されている。

具体的には、のべ52万7857件の顧客情報が記録された5支店のATMジャーナルのほか、2支店で扱った伝票綴りのべ1万3588件、2支店における為替関係の帳票綴りのべ9627件、本部で扱った住宅ローンの稟議書のべ77件などの所在がわからないという。

書類によって記載されている顧客情報は異なるが、氏名、口座番号、カード番号、取引金額、残高のほか、住所、電話番号、職業、所得額、購入不動産の内容、連帯保証人や担保提供者の氏名なども一部含まれる。

同金庫において保存文書の調査を行った際に紛失が判明した。同金庫では、保存期限を過ぎた不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明。不正利用は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
4支店で顧客情報含む帳簿が所在不明 - 碧海信金