Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2021年12月に同社で観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数は減少したが、前月を上回る規模の攻撃が確認されている。

同社が提供するDDoS攻撃対策サービスでの検知動向を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃は534件。前月の559件から25件減少した。2021年6月に879件を記録したが、以降は500件台で推移している。

1日あたりに換算すると17.2件。前月の18.6件を下回った。1カ月を通して見ると、おおむね10件から30件の間で推移しているが、12月2日には70件を超える攻撃が観測されている。

同月に観測されたもっとも規模が大きかった攻撃は、DNSやNTPなど複数のUDPプロトコルを用いたリクレクション攻撃。約380万ppsのパケットにより、約23.98Gbpsのトラフィックが発生した。前月もっとも規模が大きかった約236万pps、約19.61Gbpsを上回る規模だった。

同月にもっとも継続した攻撃も同攻撃で、約33分にわたって攻撃が継続したという。

20220128_ii_001.jpg
IIJによるDDoS攻撃の観測状況推移

(Security NEXT - 2022/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会