Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2021年12月に同社で観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数は減少したが、前月を上回る規模の攻撃が確認されている。

同社が提供するDDoS攻撃対策サービスでの検知動向を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃は534件。前月の559件から25件減少した。2021年6月に879件を記録したが、以降は500件台で推移している。

1日あたりに換算すると17.2件。前月の18.6件を下回った。1カ月を通して見ると、おおむね10件から30件の間で推移しているが、12月2日には70件を超える攻撃が観測されている。

同月に観測されたもっとも規模が大きかった攻撃は、DNSやNTPなど複数のUDPプロトコルを用いたリクレクション攻撃。約380万ppsのパケットにより、約23.98Gbpsのトラフィックが発生した。前月もっとも規模が大きかった約236万pps、約19.61Gbpsを上回る規模だった。

同月にもっとも継続した攻撃も同攻撃で、約33分にわたって攻撃が継続したという。

20220128_ii_001.jpg
IIJによるDDoS攻撃の観測状況推移

(Security NEXT - 2022/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正