Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇

経済産業省、総務省、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、企業のプライバシーガバナンスをテーマとしたセミナー「加速するDX時代、プライバシーへの取組を能動的に進めていくには」を2月25日に開催する。

同セミナーでは、組織において、プライバシーの取り組みを能動的に進めていけるよう、2021年7月に政府が公表した「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を取り上げ、内部統制の観点からのプライバシーガバナンスの実装について解説するもの。

弁護士やコンサルタント、監査に関わる関係者が同ガイドブックの理解を深められるよう、策定に携わった有識者が講演やディスカッションを行う。

また「プライバシー・バイ・デザイン」の提唱者としても知られるAnn Cavoukian氏が登壇。個人情報保護委員会では、プライバシーガバナンスに関わる個人情報保護法制の最新動向について講演する予定。

オンラインにより開催し、参加費は無料。イベントや参加方法の詳細は、経済産業省のページを参照のこと。

(Security NEXT - 2022/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
ユーザーのプライバシー管理設定を誤操作 - LINE
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を改訂
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者