Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸物産にサイバー攻撃、詳細を調査 - システムは2日後に復旧

スーパーマーケットチェーン「業務スーパー」を展開する神戸物産は、同社サーバがサイバー攻撃を受け、一部個人情報や企業情報が外部に流出したことを明らかにした。被害状況など詳細を調べている。

同社によれば、12月4日未明に同社サーバがサイバー攻撃を受けたことを確認したもの。本社で利用するサーバにおいて、共有ファイルが開けなくなったり、メールが届かない不具合が発生したことから従業員が被害に気が付き、外部との通信を遮断した。

今回のサイバー攻撃により、同社従業員90人やその家族など2人、取引先3人など、あわせて個人情報95人分の流出を確認した。氏名とメールアドレスが含まれる。同社は対象範囲について詳しく調べている。

一方「Gyomucaポイントカード」の会員情報やクレジットカード情報の処理は外部事業者に委託しており、今回被害が確認されたサーバ内にデータを保存しておらず、これら情報を含めて顧客情報の流出は確認されていない。

また攻撃を受けたサーバ内に店舗のPOS情報なども含まれておらず、会計システムは外部クラウドサービスを利用しており、サイバー攻撃の影響については否定している。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発