Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸物産にサイバー攻撃、詳細を調査 - システムは2日後に復旧

スーパーマーケットチェーン「業務スーパー」を展開する神戸物産は、同社サーバがサイバー攻撃を受け、一部個人情報や企業情報が外部に流出したことを明らかにした。被害状況など詳細を調べている。

同社によれば、12月4日未明に同社サーバがサイバー攻撃を受けたことを確認したもの。本社で利用するサーバにおいて、共有ファイルが開けなくなったり、メールが届かない不具合が発生したことから従業員が被害に気が付き、外部との通信を遮断した。

今回のサイバー攻撃により、同社従業員90人やその家族など2人、取引先3人など、あわせて個人情報95人分の流出を確認した。氏名とメールアドレスが含まれる。同社は対象範囲について詳しく調べている。

一方「Gyomucaポイントカード」の会員情報やクレジットカード情報の処理は外部事業者に委託しており、今回被害が確認されたサーバ内にデータを保存しておらず、これら情報を含めて顧客情報の流出は確認されていない。

また攻撃を受けたサーバ内に店舗のPOS情報なども含まれておらず、会計システムは外部クラウドサービスを利用しており、サイバー攻撃の影響については否定している。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出