Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Apache Log4j」でセキュリティアドバイザリ - 8製品にアップデート

「Apache Log4j」に、別名「Log4Shell」とも呼ばれる脆弱性「CVE-2021-44228」や「CVE-2021-45046」が明らかとなった問題で、マイクロソフトはセキュリティアドバイザリをリリースした。利用者にセキュリティ更新プログラムを適用し、脆弱性のリスクを軽減するよう呼びかけている。

「Apache Log4j」を利用する「Elasticsearch」を実装した「SQL Server 2019 Big Data Clusters」をはじめ、「Azure VMWare」「Microsoft Defender for IoT」などあわせて8製品が影響を受けることを明らかにした。

「Azure Databricks」「Azure Arc-enabled Data Services」「Events Hub Extension」「Cosmos DB Kafka Connector」「Minecraft Java Edition」なども対象とし、セキュリティアップデートや情報を提供している。脆弱性の重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

また「Azure Spring Cloud」「Azure DevOps」については、利用状況に応じてセキュリティ更新プログラムをダウンロードし、緩和策をを講じる必要があるとして、ガイダンスを提供している。

同社では、エンタープライズ向けサービスにおいて脆弱性の悪用は確認されていないと説明。今後も調査を継続し、必要に応じて情報を提供していくとしている。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正