Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのエンドポイント管理製品に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

VMwareが提供するエンドポイント管理製品「Workspace ONE統合エンドポイント管理(UEM)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同製品は、組織内におけるデバイスやデバイスにインストールされたアプリケーション、業務データへのアクセスなどを一元管理できるソリューション。

同製品のコンソールにおける「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2021-22054」が非公開で報告があり、明らかとなったもの。同製品のネットワークへアクセスできる場合、脆弱性を悪用することでリクエストの送信により認証なしに機密情報を窃取することが可能だという。

同社では、同脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」とレーティングされている。

同社は脆弱性を修正した「同21.5.0.37」「同21.2.0.27」「同20.11.0.40」「同20.0.8.36」をリリース。あわせて回避策をアナウンスしており、利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響