Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」への攻撃、少なくとも12月初頭より展開 - PoC公開以前についても確認を

オープンソースのログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に別名「Log4Shell」とも呼ばれる脆弱性が見つかった問題で、実証コード公開前の12月1日より攻撃が展開されていたことがわかった。対象期間を広げて影響を調査するようセキュリティベンダーでは呼びかけている。

「Apache Log4j」は、さまざまなJavaアプリケーションでログ出力に活用されているライブラリ。現地時間12月9日に「同2.x」のログ処理においてリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-44228」が公表され、翌10日には概念実証コード(PoC)が公開。以降、脆弱性を狙った通信が多数検知されており、国内で被害も確認されている。

同脆弱性について、Cisco SystemsのTalosチームは、現地時間12月2日には同脆弱性に関する攻撃者の活動が観測されていたことを明らかにし、同脆弱性に対する探索行為や悪用など調査する場合は、数週間前までさかのぼって調べるよう呼びかけた。

また探索行為とそれに対するコールバックに時間差が見られるケースがあることも指摘。直接攻撃対象となったシステムに影響はなかったものの、「SIEM(Security Information and Event Management)」やログ収集システムなどで処理した際にエクスプロイトコードが実行される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

攻撃が少なくとも12月初頭から行われていたとする指摘は、Cloudflareからも上がっており、同社はエクスプロイトの最初の検知が、協定世界時12月1日4時だったことを明らかにした。ただし件数としては限定的で、大量の悪用行為を観測したのは実証コード公開後としている。

(Security NEXT - 2021/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
Intelの24製品に「Apache Log4j」 - 23製品でパッチ提供済み
MS、「Apache Log4j」でセキュリティアドバイザリ - 8製品にアップデート
「Java 7」「同6」環境向けにも「Apache Log4j」の脆弱性修正版
米英豪など共同で「Log4j脆弱性」について注意喚起 - 産業制御機器でも対策を
NVIDIA、一部製品に「Log4Shell」の脆弱性 - アップデートをリリース
オンライン会議の「Zoom」、「Apache Log4j」脆弱性の影響を公表
「Log4Shell」対策パッチ、VMwareの20製品で未提供 - 回避策の実施を