Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sambaに8件の脆弱性、権限確認不備や管理者権限取得のおそれなど

Sambaの開発チームは、複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートをリリースした。旧バージョン向けにパッチも用意している。

今回のアップデートは、保存されたデータに対するアクセス権限の確認不備「CVE-2020-25722」やドメインのユーザーによってroot権限を取得されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-25717」をはじめ、あわせて脆弱性8件を解消したもの。

「CVE-2020-25722」は、今回明らかとなった脆弱性において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアがもっとも高く、最大値「10」のところ「8.8」とレーティングされている。「CVE-2020-25717」が「8.1」で次いで高い。

さらに解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-3738」を修正したほか、RODCによる参加時に管理者チケットを発行されるおそれがある「CVE-2020-25718」、Kerberosチケットの取り扱いに不備があり、ドメイン全体を侵害されるおそれがある「CVE-2020-25719」などに対処した。

(Security NEXT - 2021/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性