Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sambaに8件の脆弱性、権限確認不備や管理者権限取得のおそれなど

Sambaの開発チームは、複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートをリリースした。旧バージョン向けにパッチも用意している。

今回のアップデートは、保存されたデータに対するアクセス権限の確認不備「CVE-2020-25722」やドメインのユーザーによってroot権限を取得されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-25717」をはじめ、あわせて脆弱性8件を解消したもの。

「CVE-2020-25722」は、今回明らかとなった脆弱性において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアがもっとも高く、最大値「10」のところ「8.8」とレーティングされている。「CVE-2020-25717」が「8.1」で次いで高い。

さらに解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-3738」を修正したほか、RODCによる参加時に管理者チケットを発行されるおそれがある「CVE-2020-25718」、Kerberosチケットの取り扱いに不備があり、ドメイン全体を侵害されるおそれがある「CVE-2020-25719」などに対処した。

(Security NEXT - 2021/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開