Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア

20211108_zs_002.jpg
ブロックした脅威の内訳(グラフ:Zscaler)

ブロックした内容を見ると、90.8%が「マルウェア」だった。「アドウェア(6.8%)」「フィッシング(1.8%)」「クリプトマイニング(0.2%)」「ボットネット(0.2%)」「クロスサイトスクリプティング(0.1%)」と続いている。

前年との比較では「マルウェア」が212%増、「フィッシング」が90%増となる一方、「クリプトマイニング」は20%減、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」は61%減となった。

ダウンロードをブロックしたマルウェアファミリーを見ると「njRAT」が約36万件で最多。「Ursnif」が約34万件、「Azorult」が約20万件で続く。対象期間にテイクダウンが行われた「Emotet」も約6万件を検知している。

遮断したフィッシング攻撃を見ると、「Microsoft 365」が約1549万件でもっとも多い。続く「OneDrive(約219万件)」「Telegram(約200万件)」「Amazon(約188万件)」「PayPal(約136万件)」と比較しても突出していたという。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避