Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件

カスペルスキーは、2020年11月から2021年10月までの1年間で、1日あたり約38万600件のあらたな悪意あるファイルを検知したとの調査結果を取りまとめた。前年同期の約36万件から5.7%増加している。

ユーザーの同意のもと、同社製品よりクラウド基盤に送信されたデータを分析し、結果を取りまとめたもの。1日あたり約38万600件のあらたな悪意あるファイルを検知。前年同期の約36万件から約5.7%増となった。91%はWindows向けの実行ファイル形式だったという。

インターネットを利用するユーザーのコンピュータでは、15.5%が1年間に1回以上マルウェアの攻撃に遭遇、前年同期の10.2%から5.3ポイント増加している。ランサムウェアは約37万、不正送金マルウェアは約42万のユニークなユーザー端末上で検知した。

同社製品が検知、ブロックした各国のオンラインリソースからの攻撃は約6億8786万件で前年同期の約6億6680万件を上回った。IPアドレスの地域を見ると、「チェコ(30.9%)」「米国(24.9%)」「ドイツ(9.4%)」が続いた。上位10カ国で全体の約9割を占めている。

ウェブアンチウイルスコンポーネントが検知した悪意のあるスクリプトや悪意あるコード、実行ファイルなどのユニーク数は約6455万件。前年同期の約3341万件から約1.9倍と大幅な増加が見られた。一方、悪意あるURLのユニーク数は1億1452万件となり、前年同期の1億7333万件から34%減少している。

(Security NEXT - 2022/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導