Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大

名古屋大学は、複数教員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールの大量送信に悪用されたり、個人情報を閲覧された可能性があることを明らかにした。

同大によれば3月に大学院理学研究科、5月に大学院教育発達科学研究科において、それぞれ教員のメールアカウント1件が不正アクセスを受けていたことが判明したもの。

大学院理学研究科では、3月2日から3月18日にかけて複数の海外IPアドレスより不正アクセスが行われた。3月18日に同アカウントより大量のメールが送信されていることを同大で検知し、問題が発覚した。

メールアカウントには講義受講者36人分の氏名、学籍番号、成績が記載されたファイル1件をメールの添付ファイルとして保存。パスワードは設定されていた。

また大学院教育発達科学研究科においても、教員のアカウント1件より大量の迷惑メールが送信されていたことを5月28日に確認。調査を行ったところ、2020年7月23日から同年9月23日までと、2021年5月27日から同月28日にかけて海外の複数IPアドレスより不正アクセスを受けていたことが判明した。

(Security NEXT - 2021/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス