Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SUBARUディーラー36社で同意なく顧客を会員サービスに登録

SUBARUは、特約店契約を結んだ販売会社36社において、同意を得ずに同社会員サービスへ顧客情報を登録していたことを明らかにした。

同社によれば、同社自動車オーナー向け会員サービス「マイスバル」に対し、一部顧客より同意を得ることなく販売会社で新規会員登録を行っていたもの。氏名または法人名、住所、生年月日など顧客情報5409件が登録されていた。

登録された情報は、同社や販売会社以外に提供されたことはないとしている。対象となる顧客に対しては販売会社より経緯の説明と謝罪を行い、顧客の意向を確認したうえで情報の削除を行う。

同社では、同意状況について引き続き調査を継続して原因を究明し、再発防止策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
配信機能の導入時に作業ミス、一斉メールでメアド流出 - 南海電鉄関連会社
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M