Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出

三菱電機は、同社グループで利用するネットワークがサイバー攻撃を受け、子会社である三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)の複数顧客に関する一部データが外部に流出したことを明らかにした。

同社によると、同社やグループ会社が接続するネットワークにおいて、10月8日に通常とは異なる海外からのアクセスを検知。10月15日に流出したデータを特定した。

第三者によるアクセスではMDISがピンポイントで狙われ、同社の国内複数顧客に関する一部データが窃取された。外部に流出したデータは特定済みだが、内容や件数などは「非公表」としている。

すでに顧客に対して個別に事態を報告しており、流出したデータに機密情報など重大な情報は含まれておらず、顧客への影響がないことを確認したという。

同社では、ネットワーク内部にアクセスされた詳しい原因について調査を進めている。またサイバー攻撃の発覚を受けて、所管する経済産業省やセキュリティ機関などへ報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中