Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に

メールに記載されたパスワードを用いることで、メールを受信した各自治体では誤添付された名簿を閲覧できる状態となり、受信した自治体からの指摘で問題が発覚した。

同県では判明後、各市町村に対してメールの削除を依頼。名簿に記載されていた受給者に対しても連絡を取った。

同名簿はメールで毎月送付する必要があり、同じ経路でパスワードを後送するいわゆる「PPAP」の運用となっていた。メールで送信することについては、LGWANを経由した自治体間のメールであり、セキュリティ上問題ないとの認識だったという。

再発防止にあたり同県では、自治体ごとに事前に取り決めた異なるパスワードを用いてファイルを暗号化し、メールによるパスワードの送信を中止するとしている。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所