Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に

群馬県は、県内自治体に送付したメールに一部自治体の特別児童扶養手当受給者名簿を誤って添付するミスがあったことを明らかにした。いわゆる「PPAP」の運用が裏目になって生じたかたちだ。

同県によると、10月6日に県内35市町村へ送付したメールに、邑楽町の特別児童扶養手当受給者に関する名簿を誤って添付したまま送付するミスが判明したもの。名簿には42人分の氏名、11月の支給額、振込先口座番号などが記載されていた。

同県では、各市町村ごとに対象者を抽出し、特別児童扶養手当受給者の名簿を作成。PDFファイルにパスワードを設定し、個別に送付している。

ファイルは自治体ごとに用意しているが、共通のパスワードを用いており、同一経路より一斉にあとから送信するいわゆる「PPAP」の状態だった。

今回のケースでは、名簿を最後に送付した邑楽町宛てのメールを、パスワードの通知メールを作成するために転用したところ、添付された同町の名簿を削除し忘れ、そのまま送付してしまったという。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
DMに他人の個人情報、委託先の印刷ミスで - 麗人酒造