Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に

群馬県は、県内自治体に送付したメールに一部自治体の特別児童扶養手当受給者名簿を誤って添付するミスがあったことを明らかにした。いわゆる「PPAP」の運用が裏目になって生じたかたちだ。

同県によると、10月6日に県内35市町村へ送付したメールに、邑楽町の特別児童扶養手当受給者に関する名簿を誤って添付したまま送付するミスが判明したもの。名簿には42人分の氏名、11月の支給額、振込先口座番号などが記載されていた。

同県では、各市町村ごとに対象者を抽出し、特別児童扶養手当受給者の名簿を作成。PDFファイルにパスワードを設定し、個別に送付している。

ファイルは自治体ごとに用意しているが、共通のパスワードを用いており、同一経路より一斉にあとから送信するいわゆる「PPAP」の状態だった。

今回のケースでは、名簿を最後に送付した邑楽町宛てのメールを、パスワードの通知メールを作成するために転用したところ、添付された同町の名簿を削除し忘れ、そのまま送付してしまったという。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取材情報含むパソコンを紛失、飲酒後に - 時事通信社
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
メール誤送信で資料請求者のメアド流出 - 放送大学
案内メールを「CC」送信、顧客のメアド流出 - 丹後瓦斯
元従業員が顧客情報を不正持出、転職先へ提供 - アイ工務店
ファイルサーバがランサムウェア感染、詳細を調査 - 沼尻産業
教育実習予定者の情報をメールで誤送信、入力ミスで - 静岡県立高
メールに別人の氏名を記載、作成データにずれ - 大阪スポーツみどり財団
上下水道親子サポーターの登録完了メールを前年度登録者に誤送信 - 岡崎市
教員がUSBメモリを紛失、判明から公表まで11カ月 - 新潟大