Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ

鴨肉の加工や販売を手がけるコックフーズは、サーバがランサムウェアによる被害に遭い、内部の一部データが外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、サーバを含む一部のシステムが10月6日より使用できない状態となり、調査を行ったところ、ランサムウェアによる被害であることが判明した。

サーバに保管されていた業務関連データの多くが暗号化されたとしており、サーバ内に保管されていた商品関連データ、取引先情報、経理データ、人事情報などの流出も確認した。

同社ではサーバを停止してネットワークを遮断。10月13日にシステムが復旧し、業務を再開したという。同社では警察へ相談するとともに、セキュリティ対策の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明