Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード

同サイトの管理には「WordPress」を利用していたが、管理用アカウントを不正に利用された。類推されやすいパスワードを設定していたことが原因と見られている。サイト内部に患者情報は保存されていなかったとしている。

またインシデント対応に関しては、発覚当日に委託先業者と連絡がつかず対応が遅れたことや、アクセスログの保存期間が短く、調査が制限されるなど不手際もあったという。

今回の問題を受けて同センターでは、IDやパスワードの管理、アクセス制御、操作履歴の保存、バックアップの取得について見直しを実施。また委託事業者の責任範囲を明確化して、インシデント対応に備えた緊急連絡網を整備した。

また事業や研究目的で独自に構築しているウェブサイトについては、これまでセンターとして把握、管理できていなかったとし、運用状況を把握した上で一元管理する体制の構築を進める。不正アクセスの影響で停止した「小児医療情報収集システム」については公式ページにて提供していく。

(Security NEXT - 2021/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店