Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード

国立成育医療研究センターは、同センターが運用する「小児医療情報収集システム」のウェブサイトが不正アクセスを受けた問題で、調査結果を取りまとめた。

「小児医療情報収集システム」は、医療施設における小児への薬剤投与や副作用の発生頻度などに関する情報を収集、情報共有や分析を行うために構築しているデータベース。厚生労働省による「小児と薬情報収集ネットワーク整備事業」のもと、同センターが事務局となって2016年より運用している。

1月4日に政府機関より同センターに対して、同システムのドメイン上に不正なファイルが設置されているとの指摘があり問題が発覚。翌5日よりサーバを停止して調査を進めるとともに、1月13日に事態を公表していた。

同センターによると、検索サイトで「激安」といったキーワードで検索すると、検索結果としてドメイン内のコンテンツが多数表示される状態だった。調査を行ったところ、サーバ内に無関係なファイルが設置されていたほか、ブラウザ上には描画されない既存ファイルのヘッダ部分が書き換えられていたという。

これらファイルに関して、通常の遷移では到達せず、検索よりアクセスしてもエラー画面が表示される状態だったとしている。

(Security NEXT - 2021/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明