Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JPAAWG 4th General Meeting」が11月にオンラインで開催

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、セキュリティをテーマに議論する年次イベント「JPAAWG 4th General Meeting」を11月11日、12日にオンラインで開催する。

同イベントは、国内外の専門家を招き、フィッシング対策やメール運用などのセキュリティ対策や課題について議論するカンファレンスイベント。前回2020年と同様、オンラインによる開催となる。

M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)からの招待講演のほか、電子契約のセキュリティや、フィッシング、DMARC、パスワードレスなどをテーマとしたセッションをプログラムとして用意。

またセキュリティリサーチャーやISPメールサービス運用者、フィッシングハンターによるパネルディスカッションなどを予定している。

参加費は無料だが、事前登録が必要。プログラムなど詳細や参加登録は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2021/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定