Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JPAAWG 4th General Meeting」が11月にオンラインで開催

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、セキュリティをテーマに議論する年次イベント「JPAAWG 4th General Meeting」を11月11日、12日にオンラインで開催する。

同イベントは、国内外の専門家を招き、フィッシング対策やメール運用などのセキュリティ対策や課題について議論するカンファレンスイベント。前回2020年と同様、オンラインによる開催となる。

M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)からの招待講演のほか、電子契約のセキュリティや、フィッシング、DMARC、パスワードレスなどをテーマとしたセッションをプログラムとして用意。

またセキュリティリサーチャーやISPメールサービス運用者、フィッシングハンターによるパネルディスカッションなどを予定している。

参加費は無料だが、事前登録が必要。プログラムなど詳細や参加登録は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2021/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催