Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定

政府は、今後3年間の政府におけるサイバーセキュリティ施策や実施方針となる「サイバーセキュリティ戦略」を9月28日に閣議決定した。日本語版と英語版を同時公開している。

前回2018年7月の決定より3年が経過し、サイバーセキュリティ基本法に基づいて前日27日にサイバーセキュリティ戦略本部で決定したあらたな戦略案を閣議決定したもの。

「DX with Cybersecurity」を掲げ、デジタル庁を中心に推進するデジタルトランスフォーメーションとあわせてセキュリティ対策を推進。中小企業など含めたサプライチェーンの信頼確保などを推し進める。

また中国、ロシア、北朝鮮などが関与したと見られるサイバー攻撃活動についても言及。外交や安全保障においてサイバー分野の優先度を高めるとし、防衛省や自衛隊におけるサイバー防衛能力の向上などを盛り込んだ。

また深刻なサイバー攻撃に対して情報を収集、分析、調査、評価、注意喚起などを行う「ナショナルサート(CSIRT/CERT)」の枠組みを強化。リソースを結集し、連携強化を通じて対処能力の向上を図るほか、サイバー関連事業者との連携強化なども進めていく。

20210929_ni_001.jpg
「サイバーセキュリティ戦略」の推進体制(図:NISC)

(Security NEXT - 2021/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用