Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とフィッシング対策協議会は、メールソフトやメールサービスにおける「S/MIME」の対応状況について調査を実施し、結果を取りまとめた。

メールの改ざん防止や発信者偽装の防止、暗号化などに用いられる「S/MIME」について、「Windows」「iOS」「Android」向けアプリやサービスの対応状況を5月から7月にかけて調査を実施したもの。

具体的には「Outlook」や「Gmail(無料版)」「Yahooo!メール」についてアプリやウェブブラウザ利用時の対応状況のほか、「Thunderbird」や「iOS標準メーラー」など12種類の環境について、「S/MIME」による電子署名や暗号化の送受信対応状況について調べた。

メール受信時における電子署名の検証は、調査対象において「Yahooo!メール」以外の環境ではすべて対応していた。ただし送信可能な環境は半数に限られる。暗号化についても送受信に対応していたのは、「Outlook」「Thunderbird」「iOS標準メーラー」のみとなり、半数にとどまった。

20210928_jp_001.jpg

(Security NEXT - 2021/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増