Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論

情報処理推進機構(IPA)は、10月11日に「IPAデジタルシンポジウム2021」をオンラインで開催する。事前登録の受付を開始した。

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に未着手であったり、部分的な対応にとどまる企業が約9割にのぼることを踏まえ、今回のシンポジウムは「DX」「IT人材育成」「セキュリティ」をカバーした内容となっている。副題は「DX:その一歩を踏み出そう」。

基調講演には、パロアルトインサイトの石角友愛氏を招聘。さらにDX推進におけるデジタルリテラシーをテーマとしたパネルディスカッションを予定している。

午後は複数のトラックで「DX」「IT人材育成」「セキュリティ」に関する講演やパネルディスカッションを開催。「DXとセキュリティ」をテーマにアスタリスク・リサーチで代表取締役を務める岡田良太郎氏が登壇。ノンフィクションライターである酒井真弓氏との対談も行う。

定員は1500人。参加費は無料だが事前登録が必要となる。プログラムの詳細や事前登録は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
Lenovo製ノートPCのBIOSに複数脆弱性 - 100モデル以上に影響
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を改訂
主要PCメーカーが採用する「InsydeH2O UEFI」に脆弱性 - 侵害されると影響大
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足