Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催

SECCON実行委員会は、第1回「SECCONCON(SECCON Contests)」を10月16日にオンラインで開催する。

同イベントは、2020年に開催した「SECCON Contest of Contest」に応募された競技の企画案を具現化したコンテスト。独自性あふれる4競技を予定している。

「Juggernaut(爆弾解除競技)」は、時限爆弾型のタイマーの構造を与えられた回路とプログラムから推測し、規定内の操作を行うことで停止させる競技。

一方「ロバストプロトコル・オープンチャレンジ」は通信プロトコルの強靭性を競うもので、物理的な通信障害が発生するLANにおいて、通信が可能な強靭なプロトコルを各自がデザイン、実装する。

さらに、CPUに独自に追加されている特殊命令の仕様をその挙動から推定し、同等の命令をCPUエミュレータ上に実装する「spinsn」や、バイナリデータの読み方に対して似た音の言葉をかける「バイナリ駄洒落」などを予定している。

競技ごとに応募時期が異なる。競技の概要や募集要項などは、SECCONのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
セキュリティ啓発の動画コンテスト開催 - トレンド
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON